Bofura Projectの音楽を紹介します

●Apple Music(iTunes Store)とAmazon Muiscの"アーティスト検索結果"のリンクバナーです。こちらのリンク先に、楽曲のリストがまとまっています。

●JOYSOUNDの上位機種にて、曲のカラオケ配信を行っております。【bofura projectでの検索結果】→【リンク
●Spotifyのリスト"Bofura Project" Spotifyお使いの方は、こちらが便利です。→【リンク

  • 各種配信サイトで配信していたり、していなかったりします!
  • サブスクリプション、配信(ダウンロード販売)、ハイレゾと対応しています。
  • 歌詞や曲情報をこのページにまとめてあるんですが、ゆっくり更新します~。


  • Bofura Projectの曲を使用したい方へ

    ※曲の使用について、方針を変えました!これまでは勝手にご利用下さいというスタンスでしたが、今後リリースされる、一部の楽曲(2020年9月以降の、佐々木淳一さん作編曲の楽曲)について、JASRAC管理になります。それ以外は自己管理楽曲です。【https://twitter.com/Cop_LiarPophet】←こちらにDMを頂ければ、JASRAC管理曲以外はほぼ、許諾する方向です。DMは開放しています。一応、一声かけた方が使いやすいという方もいらっしゃるでしょうし…。自己管理楽曲については、あまり使用料を徴収する気持ちがありません。楽曲を使用する場合は、サブスクからぶっこ抜くのではなくて、ちゃんとダウンロード販売で購入して欲しいですね!ライセンスフリーではなくて、「自己管理楽曲」です!間違えないでね!

    2020-09-05-07:00 Update

    Bofura Project | Bofura Project



    1. はじまりの夜に 作曲/編曲:横田晃希(インスト曲)
    2. Emotional 作詞:Bofura Project 作曲/編曲:伊藤直樹 ボーカル:SKYNOK
    3. ケバブ 作詞:Bofura Project 作曲:横田晃希,Bofura Project 編曲:横田晃希 ボーカル:Secret
    4. 島民を代表して 作詞/作曲/編曲:Bofura Project 声優:畑耕平
    5. スーパー スーパー 作詞:Bofura Project 作曲/編曲:伊藤直樹 ボーカル:Selene
    6. 愛の海のOverture 作詞/作曲/編曲:Bofura Project 声優:畑耕平
    7. 愛の海 作詞:Bofura Project 作曲/編曲:横田晃希 ボーカル:亜沙美
    8. 夏の前夜 作詞:Bofura Project 作曲:伊藤直樹,Bofura Project 編曲:伊藤直樹 ボーカル:Selene
    9. ハッスル先生 作詞/作曲/編曲:Bofura Project 声優:yona
    10. ハッスル夢踊り 作詞:Bofura Project 作曲:Bofura Project,伊藤直樹 編曲:伊藤直樹 ボーカル:SKYNOK
    ジャケットデザイン:Magic Create:【 Magic Create

    歌詞

    1. Emotional

    2. 特飲街で拾った鳥の雛を抱えて
      雀荘のドアを合鍵で開けて
      夜が明けるのを待ってる

      マスターが朝の珈琲を淹れてくれる
      壊れちまった鳩時計は定刻を知らせる
      階下の牛丼屋の朝礼が始まる

      僕はワイシャツにネクタイを通して
      就職の面接に向かう
      群衆を縫ってボードを蹴っていく

      茶番劇の幕開けを袖で待つピエロみたいに
      誰よりも無表情で

      コネ入社のベビー・フェイスが長い長い列を作って
      僕は全員に喉飴を配ったよ Ah Ah

    3. ケバブ

    4. Uh ケバブ
      少しずつ回して
      Uh ケバブ
      少しずつ削いでって
      夢の中で回り続ける
      僕らのケバブ

    5. スーパー スーパー

    6. 有線放送流れ レジは動き出す
      朝のスーパーの出待ち どこか寂しそうで

      「198円になります」とお釣りを渡すと
      手元が狂って2円が床に落ちた ただそれだけ

      バックヤードの店長がレジに駆り出されて
      嵐が過ぎ去れば…

      また静かなスーパー
      スーパースーパー スーパースーパー

      明日から特売日!
      明日から

    7. 愛の海

    8. 貴方の囁くエロスの言葉
      悪戯な夜風みたいに
      妊娠線を撫でていく
      悪い人ね 心の中じゃ
      地下カジノ 強制摘発中よ

      凪てゆけ 恋の海
      凪てゆけ 愛の闇

      チベッタンホルンを抱えるように
      私をやさしく 抱き寄せて
      吹き鳴らして欲しいのよ…
      飼い慣らして欲しいのよ…

      軽トラみたいな恋でいい
      ストーカーだって構わない
      妊娠線が騒ぎ出す
      酷い人ね 頭の中じゃ
      ボリウッド映画 単館上映中よ

      凪てゆけ 恋の海
      凪てゆけ 愛の闇

      はじめからなかった夢のように
      私はやさしく この指で
      本のページ閉じるのよ
      飼い慣らして欲しいのよ

    9. 夏の前夜

    10. 僕の小さな森の奥深く
      答案用紙が燃えていく
      今日と明日の夏の風
      モーニングの過ぎたテーブルで

      つま先立ちで空を見上げて
      不意に意識が遠くなると
      坂道を小瓶が転げるように
      あの頃の事が蘇る

      人懐かしい呼び鈴に鍵をかけて
      待ち合わせで誰かを待とう
      飴色の空が闇に呑まれているよ

      乾いた掌と掌 繋いでる
      森の一番深い深いところで
      ツギハギだらけの夢 船が出るぞ
      命の蝋燭が 嗚呼 燃えている

    11. ハッスル夢踊り

    12. 都に集え 老若男女
      大も小も酸いも甘いも
      「夢」を踊り狂う

      嗚呼 この空の下で
      嗚呼 消えゆく命と心

      きっといつかは 燃えゆく都を
      忍び草が見守るのだろう

      それならいっそ踊り狂ってみないか
      さあ手を貸そう

      ハッスルハッスル夢踊り
      ハッスルハッスル夢踊り

    ギャグマンガ家、小山コータローさんによるPR漫画

    小山コータローによるPRマンガ 小山コータローによるPRマンガ

    Play hooky(feat.pony & SKYNOK) | Bofura Project




    1. Play hooky(feat.pony & SKYNOK) 作詞:Bofura Project 作曲:伝イタリア民謡(ルイージ・デンツァ(Luigi Denza、1846年2月23日-1922年1月26日)Wikipediaより) 編曲:伊藤直樹,横田晃希 ボーカル:pony,SKYNOK
    ジャケットイラスト:Otokasa(@otokasaoekaki)

    歌詞

    1. Play hooky(feat.pony & SKYNOK)


    2. (1)

      遊んでゆけよと阿呆鳥(あほうどり)
      今夜も陽気に
      あの娘(こ)いるよと阿呆鳥
      角(かど)までニコニコ

      狐を馬に乗せたよな
      場末(ばすえ)のマスター
      淫火(いんか)燃ゆるか達磨(だるまやど)宿
      赤線青線

      天狗の投げ文(ぶみ) 筋交(か)いに
      左封じ(ひだりふうじ)の大炎上

      遊郭(ゆうかく) 遊郭 遊郭 遊郭
      "おとこやもめ"も星月夜(ほしづきよ)

      (2)

      帰り新参(しんざん)目線(めせん)入り
      何処(どこ)かで見たよな
      婀娜(あだ)な女に鼻薬(はなぐすり)
      ブランドブランド

      マジックミラーの毛饅頭(けまんじゅう)
      涙の花道
      人影消えた足溜まり
      疫鬼(えきき)と債鬼(さいき)と

      ヘルプの娘(むすめ)の 怒り鼻
      身過ぎ世過ぎ(みすぎよすぎ)の声遣い(こえづかい)

      色街(いろまち) 色街 色街 色街
      商い冥利(みょうり)の営業日


    波止場のバス停(feat.小池若菜) | Bofura Project




    1. 波止場のバス停(feat.小池若菜) 作詞:Bofura Project 作曲:佐々木淳一 編曲:佐々木淳一 ボーカル:小池若菜
    ジャケットイラスト:小山コータロー(@MG_kotaro)

    歌詞

    1. 波止場のバス停(feat.小池若菜)


    2. (1)

      暗い霧の中
      ブイが揺れている浪間
      色とりどりに

      波止場のバス停は
      いつだって寒くてつらい

      この海の街にまた取り残されて
      あたし どうしたらいいのよ

      (2)

      濃い霧の中
      ブイが揺れている浪間
      色とりどりに

      波止場のバス停は
      いつだって一日二便

      この海の街にまた夜が来るんだ
      あたし どうしたらいいのよ


    産業スパイはひとりぼっち(feat.佐々木淳一) | Bofura Project




    1. 産業スパイはひとりぼっち(feat.佐々木淳一) 作詞:Bofura Project 作曲:佐々木淳一 編曲:佐々木淳一 ボーカル:佐々木淳一
    ジャケットイラスト:元町(@MotomachiNana)

    歌詞

    1. 産業スパイはひとりぼっち(feat.佐々木淳一)


    2. 誰かを騙[だま]した訳じゃない
      誰も恨みに 思っちゃいない

      捨てられた付箋
      ミスコピー
      社内報のデットストック

      こっそり集めるおいらは
      産業スパイ

      十三か月後クビになる
      それがわかっているから

      産業スパイはひとりぼっち
      今日も工場のゲートをくぐる

      産業スパイはひとりぼっち
      今日も工場のゲートをくぐる

      産業スパイはひとりぼっち
      今日も工場のゲートをくぐる


    Jazzy Noon | Bofura Project




    1. Run in the Hallway(Kohki Yokota) 作曲:横田晃希 編曲:横田晃希 *Inspire
    2. Train on the Moon(Kohki Yokota) 作曲:横田晃希 編曲:横田晃希 *Inspire

    解説



    ジャズ・アルバムである。元々、「狂気!朧高校」というUnity製のノベル・ゲーム用に横田さんに作って頂いた曲であるのだが、こちらのゲーム制作が滞っているため、先に配信の方をしてしまおう、と思った曲である。

    「Run in the Hallway」は「At the Jazz Band Ball」、「Train on the Moon」は「Fly me to the Moon」の、Pubulic Domainになっている"アレンジ"を、更に横田さんにアレンジしてもらったものである。アレンジはPDになっているが、どうもメロディはPDになっていないっぽいので、うまく回避してもらって横田さんに作って頂いた。この点に関しての責任はBofuraにあります(笑)。横田さんを責めないように!

    Odd Tales | Bofura Project




    1. お座敷にて(feat.畑耕平) 構成:Bofura Project ボイス:畑耕平
    2. 島民を代表して(feat.畑耕平) 構成:Bofura Project ボイス:畑耕平
    3. 愛の海のOverture(feat.畑耕平) 構成:Bofura Project ボイス:畑耕平
    4. ハッスル先生(feat.yona.ss01) 構成:Bofura Project ボイス:yona.ss01

    解説



    1stはスネークマンショー/YMOのように、ネタ曲+楽曲という構成にしたのであるが、小山コータローさんの漫画を読んで、そしてSpotifyでは配信されなかった事も含め、更に時代性の事を考えると、こういう混合的なアルバムを出すのはやはり難しいのではないか、という反省があった。

    そこで、ネタ曲はネタ曲だけでまとめておこう、と思い立ち、1stからのネタ曲に加えて、新たに新作のネタ曲を加えたのが、このEPである。よって表記はfeat.表示が加えられているが、楽曲自体は同じである。一曲は新曲がある。

    わたしはR・N・A(feat.巴一葉) | Bofura Project




    1. わたしはR・N・A(feat.巴一葉) 作詞:Bofura Project 作曲:横田晃希 編曲:横田晃希 ボーカル:巴一葉
    ジャケットイラスト:傘(@otokasa)

    歌詞

    1. わたしはR・N・A(feat.巴一葉)


    2. はるか遠い昔
      思い出せない昔のこと

      この星空に名前が
      与えられてなかったころ

      わたしは生まれた
      望むでも 望まれるでもなく

      どこからか飛び出したのか…
      混沌の海から生まれたのか…

      わたしはR・N・A
      遺伝子の旅人

      わたしはR・N・A
      ウィルスと呼ばれしもの

      わたしはR・N・A
      遺伝子の旅人

      わたしはR・N・A
      ウィルスと呼ばれしもの


    昼も夜も(feat.Yui Chinen) | Bofura Project




    1. 昼も夜も(feat.Yui Chinen) 作詞:Bofura Project 作曲:伊藤直樹 編曲:伊藤直樹 ボーカル:Yui Chinen
    ジャケットイラスト:Mr. Izinto(@Mr. Izinto)

    歌詞

    1. 昼も夜も(feat.Yui Chinen)


    2. 長い長い道を歩いた
      君と一緒に歩いた

      不意に叩き付けるようなスコール
      大きな大きな木の下に
      僕らは隠れた

      夕暮れまではまだ遠い
      永遠の昼下がりのこと

      暗い暗い空を見上げた
      君と一緒に見上げた

      真っ黒な雲に覆われた星空
      仄(ほの)かな仄かなロウソクの

      光を求めた

      朝焼けまではまだ遠い
      永遠の深夜帯のこと


    Spin Out from 1st Album | Bofura Project





    *クレジットは1stアルバムと同じ。

    1. はじまりの夜に(Kohki yokota)
    2. Emotional(feat.SKYNOK)
    3. ケバブ(feat.Secret)
    4. スーパー スーパー(feat.Selene)
    5. 愛の海(Original Mix feat.亜沙美)
    6. 夏の前夜(Radio Edit feat.Selene)
    7. ハッスル夢踊り(feat.SKYNOK)

    解説



    1stアルバムがSpotifyで配信されなかったため、ネタ曲を省いてリリースしたアルバムからのスピンアウト。1stとの相違は、feat.表示の追記(ボーカリスト)、愛の海に関してはオリジナルミックス(1stはBofuraがミックスを足している)、夏の前夜は、前奏・後奏を省いている。他は全く同じ音源である。

    1stとの相違が少なかったため、Spotifyでは配信されたが、逆にiTunesでは配信されなかった。1stに関しては、表記等の問題も含めて、見切り発車で満足いっていない部分があり、仕切り直しの気持ちがある。

    今夜は朝まで!!歌広場





    *カラオケ版。

    1. Emotional(Karaoke)
    2. ケバブ(Karaoke)
    3. スーパー スーパー(Karaoke)
    4. 愛の海(Karaoke)
    5. 夏の前夜(Karaoke)
    6. ハッスル夢踊り(Karaoke)
    7. Play hooky(Karaoke)
    8. 波止場のバス停(Karaoke)
    9. 産業スパイはひとりぼっち(Karaoke)
    10. わたしはR・N・A(Karaoke)
    11. 昼も夜も(Karaoke)

    解説



    演歌などには今でもカラオケ盤のCDがあるし、カラオケ大全盛の時代には、ヒット曲を集めた(レーベルでまとめて)カラオケCDというものがあった。シングル盤の三番目ぐらいにカラオケを付ける、という習慣もある。コンシューマのテレビゲームでカラオケのソフトが出たり、昔はレーザーカラオケというものもありました。

    曲を聴いてくれた人へのサービスとして、カラオケ盤を提供し配信するというのは意味があると思います。この時点での楽曲のカラオケを全てこの盤で放出した。

    Vintage Failure





    1. Vintage Failure(Mameden) 作曲:Mameden 編曲:Mameden
    2. 薄氷に立つ(Bofura) 作曲:Bofura 編曲:Bofura
    3. お~い!ファミコンだよ~ん(Bofura) 作曲:Bofura 編曲:Bofura

    解説



    まめでんさん@mamedenkun【mameden】と、ひょんなインターネットの巡り合わせから、曲を提供して頂いて、こちらで配信する事になった。曲のタイトルだけこちらで提示して、曲は尺を決めて作って頂いた。かなり作り込んでもらって、恐縮次第。

    まめでんさんの曲を表題曲として、自分の曲も二曲追加して、EPとした。軽やかな気分で制作したEP。テクノ・インストロメンタル。